読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DEGITAL LIFE

ビジネスやカルチャー等の最新情報を提供するサイト

国内取引所NO.1のコインチェック(COIN CHECK)を徹底解説!!

私がオススメする仮想通貨を購入できる所は?

私がオススメする仮想通貨を購入できる所(取引所)はコインチェック(Coincheck)です。

私はコインチェックから初めて仮想通貨を購入し、現在も追加で購入しています。

ちなみに本日私が購入している仮想通貨「リップル」と「ネム」の価格の上が下げが激しく動き、少し焦りました。

ただし少しずつ資産も増え、楽しく安心して運用しています。

ぜひ仮想通貨を購入するならコインチェック(Coin check)社がオススメです。 

 

コインチェック(Coincheck)とは 

https://btc-analyze.com/wp-content/uploads/2016/11/coincheck.png

会社概要

運営会社名:コインチェック株式会社 

住所:東京都渋谷区恵比寿西2丁目7-3 いちご恵比寿西ビル4F

設立:2012年8月28日

代表取締役:和田晃一良

和田晃一良さんの経歴:

2009年東京大学理学部入学。

大学3年の時にレジュプレス株式会社(現在のコインチェック株式会社)を創業。

累計100万部「ビリギャル」を産んだ、STORYS.JP、そしてコインチェックの全開発を担当しました。

大学時代にはクックパッド主催ハッカソンなどで優勝という経歴があります。

また開発したAndroidアプリSPITrainingは10万ダウンロードされました。

コインチェックはビットコインをはじめ様々な仮想通貨の取引所です。

現在は日本ブロックチェーン協会の監事です。

 

コインチェックは日本最大のビットコイン取引所で、スマホアプリもあり、とにかく初心者でも仮想通貨の売買や管理が簡単で、取り扱う仮想通貨は日本で一番豊富です。

日本の会社ということと、会社の概要がきちんとわかるので安心して仮想通貨の取引ができます。

コインチェックのメリット

見やすいウェブページデザイン 

とにかく見やすいチャートと初心者でもわかりやすいウェブページデザインなっています。

24時間取引可能     

いつでもどこからでも仮想通貨の取引ができるのはうれしいです。

取扱い通貨の豊富さ   

取り扱っている仮想通貨はダントツで日本で一番です。  

コインチェックの登録が簡単     

この後登録方法は詳しく説明しますが誰でも簡単に登録できます。

2段階認証あり 

2段階認証ということでセキュリティもしっかりできています。        
ただそれ以外にウォレットを持つなどしてよりセキュリティを強化した方がよいでしょう。                                                                  

コインチェックのデメリット

ビットコイン以外の通貨の売買の相場が若干高い  

その日の仮想通貨の種類によりますが、およそ1%前後高くなっていると思います。ただ他の取引所ではビットコインとイーサリアムしか取り扱っていないので他の仮想通貨を売買したい場合は、海外の取引所を利用します。その手間を考えれば私は1%は安いと思っています。

 

コインチェックが取扱う仮想通貨

 ※仮想通貨時価総額ランキング(2017年5月22日現在)

  • bitcoin( ビットコイン)※1位
  • ethereum(イーサリアム)※2位
  • ethereum Classic(イーサリアムクラシック)※6位
  • Factom(ファクトム)※29位
  • Lisk(リスク)※30位
  • Monero(モネロ)※10位
  • Augur(オーガー)※17位
  • ripple(リップル)※3位
  • Zcash(ジーキャッシュ)※20位
  • NEM(ネム)※4位
  • Lite coin(ライトコイン)※5位
  • Dash(ダッシュ)※7位
コインチェックでは仮想通貨時価総額ランキング上位をほとんど取り扱っています。
 
 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 
 

コインチェックの登録方法・購入方法を解説!(初心者向け)

コインチェックの登録方法

仮想通貨を購入する前にまずはコインチェックに登録しましょう。
登録方法は次の手順を参考にしましょう。
  1. 下記の公式ホームページよりログイン。
    Coincheck公式ホームページ
     
  2. ログインして下記の画面表示されたら、「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「アカウント作成」をクリック。
    ※私の場合、メールアドレスは携帯のメールアドレスにし、パスワードは10桁の半角英数字(英語は小文字)にしました。
           f:id:thankyuu1122:20170514033918j:plain


  3. 「アカウント作成」をクリック後下記の画面に変わり、「メールをもう一度送る」をクリック。
    ※申し訳ございませんが、個人情報は黒く塗りつぶさせていただきました。
              f:id:thankyuu1122:20170514034109j:plain


  4. 登録したメールアドレス宛にコインチェックから「Please Confirm Your Email address」という件名のメールが届きますので、本文中にある赤枠のリンクをクリックしてメールの認証をします。
              f:id:thankyuu1122:20170514141001j:plain


  5. 次に先ほど登録した「メールアドレス」と「パスワード」を入力します。
    同じような画面が出ますが、パニックにならないように気を付けてください。
    私はパニックになりました。入力が終わったら「ログイン」をクリックします。
    2回ログインしますが問題ありません。

               f:id:thankyuu1122:20170514145706p:plain


  6. ログイン後に「本人確認書類を提出する」をクリック。
               f:id:thankyuu1122:20170514151411j:plain


    ※表示されない場合は下記の手順を参考にしてください。
    (1)右上の三本線をクリック
               f:id:thankyuu1122:20170514151817j:plain
    (2)「設定」をクリック。

               f:id:thankyuu1122:20170514152318j:plain

    (3)メールアドレスやパスワードに変更がなければ「本人確認」をクリック。

                  f:id:thankyuu1122:20170514152856j:plain

  7. 本人確認画面の「電話番号」を入力し、「SMSを送信する」をクリックします。
    送信後に「認証コード」が送られてきますので、送られてきたコードを入力し「認証する」をクリックします。
              f:id:thankyuu1122:20170514155252p:plain

  8.   認証後下記の画面に変わります。
              f:id:thankyuu1122:20170514160204p:plain


  9. まだ登録は続きますが頑張りましょう。
    次に同意書の確認です。
    下記の赤枠にチェックを入れ「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」をクリック。
    ※上記の画面が表示されない場合は右上の三本線→設定→本人確認をクリックして下さい。
              f:id:thankyuu1122:20170514160656p:plain

  10. 「本人確認書類を提出する」をクリックします。

              f:id:thankyuu1122:20170514161347p:plain

  11. 最後の手続きです。下記の赤枠を入力し最後に「本人確認書類を提出する」をクリックして終了。
    入力項目はたくさんありますがそんなに難しくはないので頑張ってみてください。

              f:id:thankyuu1122:20170514161816p:plain

              f:id:thankyuu1122:20170514162107j:plain

              f:id:thankyuu1122:20170514162546j:plain
              f:id:thankyuu1122:20170514163200j:plain

  12. お疲れ様でした。あとは自宅に「本人確認が完了となります。」と書いたハガキが届きますのでそれで完了となります。
    私の場合は3.4日ぐらいで届いたと思います。
    登録完了後に銀行へ入金し仮想通貨取引開始となります。
    クレジットカードでの決済も可能です。

コインチェックで仮想通貨を購入するときの一言アドバイス

クレジットカードで仮想通貨を購入するより、現金で購入したほうが手数料が安い!
 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 
 
 
 
 

5月9日(火)Coincheck(コインチェック)に何があった?

Coincheck(コインチェック)の一部始終!

2017年5月9日(火)11時25分頃にコインチェックで、正常ではない価格が表示(ビットコイン等の価格が高騰)され、サイト利用できなくなりました。

私も利用者の1人で、総資産が90万円ぐらいありましたので正直「どうしたんだろう?」と不安になりました。

しかも昨日10万円追加投資したばかりでした( ;∀;)

そして12時01分に以下のメールが届きました。

f:id:thankyuu1122:20170510000245p:plain

 

とりあえずはメールが来たので少しは安心しましたが、ハッキングの話がネット上に出ていたのでハッキングに合っていたら実際にお金が戻ってくるのか分からないので、まだ心配でした。

すると13時18分に再度以下のメールが届きました。

f:id:thankyuu1122:20170510000529j:plain

メールにはしっかりと「ハッキング等で外部からの攻撃を受けたものではない」と記述がされていたので安心しました。

上記のメールから時間が過ぎ、16時25分にコインチェックから以下のメールが来て、利用できるようになりました

f:id:thankyuu1122:20170509234415p:plain

f:id:thankyuu1122:20170509234813p:plain

サイトを立ち上げて見ると、総資産が90万→70万と減少しショックでしたが、とりあえず0円にならなかった事がなによりうれしかったです。

ただし16時半まで入出金ができませんでした。

 

現在は、まだリップルのみ入出金ができない状態です。

色々調べるとリップルの高騰により売買の注文が殺到しリップルネットワークに負荷がかかりエラーが出たなどの情報もありました。

またコインチェック以外の取引所でも今回のような状況が起きていたなどという情報も出ていました。

コインチェックについて、いろんな情報が出回っていますが、どの情報を信じたら良いか私にも分かりません。

このコインチェックを皆様にオススメしてきた私としては最後まで信じ、続けていきたいと思います。

私は全部で21万円投資し、現在およそ70万円ですので、まだ利益が出ています。

たぶん今回のこの件で損した方もいるかもしれません。

その人達の気持ちを考えるとつらいです。

ただしこのブログを見てコインチェックを利用するか、利用しないかは皆様の判断で良いと思います。

せっかくのこの暗号通貨元年をこんな形で盛り下がるのはすごく残念です。

ですから取引所はどこでも良いです!みんなでもう一度暗号通貨を盛り上げていきましょう!

 

ハッキングから暗号通貨を守る方法(ウォレットを持つ!)

ウォレットとは?

暗合通貨を保存、送受信するために使用される安全なデジタル財布です。

ほとんどの暗号通貨に公式ウォレットや第三者機関が提供するウォレットがあります。

万が一ハッキングにあった場合の事を考えたら、私も用意しようと思いました。

ウォレットの仕組み

ウォレットには暗合通貨は保存されていません。

所有している暗号通貨は分散化されたブロックチェーン上に記録されているのです。

ではウォレット自体は何の意味があるのでしょうか?

ウォレットはブロックチェーン上に記録されている暗号通貨の所有権を示す「プライベートキー」「パブリックキー」が格納されています。

「プライベートキー」とは「自分だけ知っているデジタルコード」の事です。

「パブリックキー」とは「一定額の通貨と連携したパブリックデジタルコード/送金先を示すアドレス」の事です。

ウォレットはこの2つのキーを格納することで暗号通貨をやりとりすることができ、また個人的な取引台帳(通帳のようなもの)として機能します。

 

ウォレットの種類

オンラインサービス型(ウェブウォレット)

インターネット上でそれぞれの運営会社や団体によって管理されているウォレットです。 

  ✔メリットは?

  • インターネット上にあるために、自ら決めたパスワードやキーさえあれば特定のスマホやPCに関係なくアクセスができ、取引できます。
  • 万が一自分のスマホやPCが壊れても仮想通貨に支障がありません。

  ✔デメリットは?

  • サイトがハッキングにあった場合、不正に利用される可能性があります。
  • 通信環境の不具合がある可能性があります。
  • サイト側に仮想通貨を預けるため、会社が倒産すると仮想通貨がなくなる恐れがあります。

クライアント型(デスクトップウォレット・モバイル)

クライアント型ウォレットには完全型と簡易型があり、どちらも専用のソフトやアプリをスマフォやPCなどのデバイスにダウンロードして管理するウォレットです。

  ✔メリットは?

  • インターネット上に比べてハッキングや盗難の恐れが少ないです。
  • サイト側のトラブル(サイトが繋がらない、ハッキングされた)などの影響が少ないです。
  • モバイルウォレットは持ち運べます。

  ✔デメリットは?

  • 自分のデバイスを壊したり、盗難、ウイルスなどの心配があります。
  • インストール等の設定が大変です。(人によるかもしれませんが)
  • 完全版と簡易版がありますが、簡易版はセキュリティ面で劣ります。
  • 完全型のクライアントはブロックチェーンが最低でも10GBぐらい容量があるため容量の大きいパソコンでの利用が基本となります。

専用財布端末型(ハードウェアウォレット)

スマホやタブレットやUSBなどのような専用の機械です。

  ✔メリットは?

  • ペーパー型ウォレットに次いでセキュリティが安心です。パスワードの設定内容によってはペーパー型よりも安全と言う人もいます。)
  • 持ち運びに便利です。
  • 接続時以外はハッキングの恐れがありません。

  ✔デメリットは?

  • 現在日本語対応のものがありません。
  • 輸入品を購入する場合は価格が少し高くなる。
  • 壊れたり、無くす心配がある。

オフライン型(ペーパーウォレット)

インターネットに繋げず、アドレスと秘密鍵を印刷し、紙ベースで安全なところに保管する方法です。

  ✔メリットは?

  • 長期保存に向いています。
  • インターネットに繋がっていないため一番ハッキングの恐れが低いです。

  ✔デメリットは?

  • 紙なので破けたり、なくしたり、盗まれたり、文字が読めなくなったりすると永久に復元ができなくなり、資産を無くすことになります。
 

 今日のまとめ

このようにウォレットによって、セキュリティのレベルや保管方法が様々です。
自分に合ったウォレット(保管方法)をしっかり考えましょう!
そしてみんなで安全に安心して暗号通貨を運用しましょう!
ちなみに私はペーパー型がしようかと考えています。
次回はウォレットの購入方法をお伝えしたいと思います。
 
 
 
 コインチェックにて仮想通貨を購入できます。

以下のリンクより初心者でも分かるように解説してます!ぜひ参考にしてください!

www.degital-life.jp

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

仮想通貨専門用語を分かりやすく解説

仮想通貨を知りたい方や購入を考えている方は、最初はどんな通貨か不安なためネットなどで調べていませんか?

そんな時、分からない用語で書いてあるため、結局よく理解しないまま人気のある通貨を購入している人はいませんか?

私も一緒でした。

そこで少しずつですが仮想通貨で使う専門用語の意味を解説していきますので是非参考にしていただければ幸いです。

仮想通貨専門用語集

f:id:thankyuu1122:20170427165251j:plain

プラットフォーム

英語では「高台」を意味しまし。

仮想通貨の分野ではソフトウェアやサービスなどを組み合わせた基盤(動作環境)のことを意味します。

分散型

複数のコンピュータなどに分散して機能を持たせる事を意味します。

またはそれで一つの機能を動作させる考え方の事です。

集中型の反対の意味です。

使用例:分散型メディア

意味:従来のメディアは自社WEBサイトなどを持ち、そこにすべてのコンテンツを持つ。それに対し分散型メディアは自社サイトではなく他のプラットフォーム(ソーシャルメディア)に直接コンテンツを配信します。

(従来のメディア)

私が自社の洋服を売りたいと思もったらグーグルで検索に引っかかるように自社ホームページのSEOを強化して、自社ホームページを上位表示させ、お客様にアクセスしてもらう。

(分散型メディア)

私が自社の洋服を売りたいと思もったら、自社ホームページをSNSにアップ。

プロトコル

コンピューター同士が通信する際の手順や規約などの約束事。

コンピューターが使う言語のようなもので、お互いが理解できる同じプロトコルを使わないと通信は成立しません。

P2P 【Peer to Peer】ピア・ツー・ピア

コンピューター同士が対等な立場でデータなどをやり取りするシステム形態のこと。

トランザクション 【transaction】

データベース管理システム。商取引、売買、執行、取扱などまとめてコンピュータで処理すること。

公開鍵暗号

対になる2つの鍵を使い、データの「暗号化」と「復号」を行う暗号方式の事です。

そして公開鍵暗号には「暗号化に使う鍵」と「復号に使う鍵」が あり、暗号化に使った鍵は復号で使うことはできません。また片方からもう一方を割り出すこともできないようになっています。このため暗号化に使う鍵は「公開鍵」、復号に使う鍵は「秘密鍵」と呼ばれています。

ブロックチェーン

皆で監視しあう分散型システムで、簡単にすると「仮想通貨の取引履歴」です。

ビットコインのブロックチェーンとは、ビットコインの通貨をAさんからBさんに送ったということが記録されている履歴になります。

そしてその履歴は一つの場所に保存されているのではなく、ビットコインのネットワークに参加しているコンピューターに分散されて保存されています。

ブロックチェーンは、取引記録を一つのブロックにまとめて、そのブロックをチェーン(鎖)のようにつなげて保存したものになります。

ブロックをチェーンのようにつなげることにより、データの改ざんなどが不可能になります。

マイニング

上記のブロックチェーンで説明したように ビットコインの取引履歴(個々の取引データ)を整合性を取りながら、みんなで共有する大きな1つの取引台帳(通帳のようなもの)に追記していく承認作業をいち早く行った方に、報酬としてビットコインが与えられます。この承認作業の事をマイニングと言います。

トランザクション

売買、執行、取扱、商取引、議事録などの一連の情報処理の単位。

使用例:トランザクション処理

意味:処理の一貫性を保証するために、一連の処理全体を1つの処理単位として管理する仕組み。

スマートコントラクト

スマートコントラクトの意味はまだ定義されていませんが、以下の内容で使われています。

・契約の自動化。

・プログラム化された契約。

・イーサリアムが提供するプラットフォーム上で動くプログラムのこと。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

 

 

 

気になる仮想通貨!ネムコインの内容を紹介!!

ネムコイン(NEM)とは?

http://inve-start.net/wp-content/uploads/C389yuMUYAA4my0-300x300.png

仮想通貨と言えばビットコインと思う方が多いでしょう。しかし世の中にはおよそ700種類以上の仮想通貨があるとされていて、それらをアルトコインと呼びます。NEMもその中の1つです。

NEMはもともとNew Economy Movement(新しい経済活動)の略で、金銭的な自由・分散化・平等・および連帯感の原則をもとに、新しい経済活動を起こすためのプロジェクトとしてはじまりました。

NEMは日本にある暗号通貨取引所のZaifの運営会社テックビューロ社が開発するプライベートブロックチェーンのmjinのもとになっています。

NEMの通貨単位はXEM(ゼム)です。

総発行数は8,999,999999XEMです。

現在の価値1XEMはおよそ5.78円(2017年4月27日現在)

 

 

ネムコイン(NEM)の特徴

Proof of Importance

「Proof of Importance」というビットコインで使用している「Proof of Work」と違うアルゴリズムを採用することで、NEMは電力をあまり消費せず、そしてセキュリティ重視されたシステムを構築しているのです。

 

ハーべスティング

ビットコインではマイニング(採掘)。NEMではハーべスティング(収穫)と呼ばれています。

ハーべスティングとはNEM利用者が取引が正当だと承認してもらうために手数料を払い取引を行います。

承認は10000XEM以上持っているアカウントならだれでも行えます。

取引を承認され払われた手数料を受け取ることをNEMではハーべスティングと言われています。

NEMではこれをおよそ1分に1回行われ、その1分間に取引がなければ手数料が支払われていないため収穫しても報酬を受け取ることはできません。

誰が収穫するかは「重要性」をもとに、おそらくランダムで決まります。

この「重要」性はXEM保有量をもとに、取引数・取引量・取引相手などを考慮し決まります。

 

ネムコイン(NEM)を購入するには?

・.Coincheck

Coincheck(コインチェック)は初心者にオススメの仮想通貨取引所です。

初心者でもとても分かりやすく便利です。

私もコインチェックで2017年4月26日にNEMを50,000円分購入しました。

50,000円分で「11184.26662XEM」保有しました。

2017年5月1日現在で1XEMが5.8344円なので日本円でおよそ合計63,400円になり13,400円の利益になってます。まだまだ売る気はありませんよ!

またコインチェックは様々な仮想通貨を取り扱っているので「NEMからリップルに交換」や「ビットコインからNEMに交換」などと常に多種多様な仮想通貨を運用して楽しむことができます。

手続きがとても楽で下記の公式ホームページ から購入手続記できます。

この仮想通貨元年にぜひおすすめです!!

 

公式ホームページはこちら↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

 コインチェックでの登録方法、購入方法は以下のリンクにて詳しく解説!!

www.degital-life.jp

 

これから期待の仮想通貨!ノアコインの内容紹介!!

 NOAHCOIN(ノアコイン)とは?

http://bitcoin-x.com/wp-content/uploads/2017/03/img.jpg

フィリピンの経済成長を支援する世界初の暗号通貨。

フィリピンという国を想像してみると、「治安が悪い」「貧困」「インフラが整っていない」等と思い浮かべてしまうが、近年は治安が良くなってきており、高層ビルやホテルの建設、大型ショッピングモールができるなど、世界有数の都市へと変貌を遂げています。

そしてアジアで唯一の英語圏の国であり、アメリカ、イギリスに次いで世界で3番目に英語を話す人が多い国として知られ、多種多様なBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)が世界中から集まっています。

BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)とは自社の業務のプロセスの一部を継続的に外部の専門的な企業に委託すること。

フィリピン最大の輸出産業はOFW(Overseas Filipino Works)、つまり海外に出稼ぎに出ているフィリピン人、OFWが約1000万人(世界第4位)にも及ぶのです。出稼ぎに出たフィリピン人は稼いだお金をフィリピンにいる家族などに送金します。

その額は年間約3兆円にも上ります。しかし国外送金には大きな手数料がかかり、年間3500億円もの送金手数料がかかっているのです。

そこで「フィリピン人が稼いだお金はフィリピンに還元する!」というその思いからNOAHCOINプロジェクトが立ち上がりました。

フィリピン経済の発展や国内の様々な社会問題を解決するために政財界の有志が集まって設立したNOAH FOUNDATION(ノアファウンデーション)がプロジェクトの運営を行います。

NOAHCOIN公開日

2018年6月12日 

※6月12日はフィリピンの独立記念日

 NOAHCOINが持つメリット

1.初年度は20%の配当

  保有率い応じて保有者へ初年度20%の配当を行う

 

2.手数料はほとんど無料

国際送金10%~12%の手数料をほとんど無料

3.早い決済スピード

ストレスなくお買い物できる

4.POSで節電

100パーセントPOSにより無駄なマイニング「発掘」はしないため、無駄な電力は一切消費しない。

 

5.通貨の価値

ビットコイン公開後は1ビットコインが1円以下で購入できましたが、現在では1ビットコイン14万円ぐらいになっています。

およそ14万倍です!

ノアコインもそのポテンシャルを持っていると私は思っています。

ビットコイン同様で、現在1NOAHCOINが1円以下(現在価格)で購入できます。

そのコインが何万倍となる可能性があるのです。

購入方法はページの最後を参考にしてください。

そしてプレセールといって来年6月12日に公開される前にそのNOAHCOINを安く買うことができます。

購入価格は月によって変動します。

※購入期間は以下の通り第1期が一番安く第4期になるにつれて高くなる。

6.フィリピンの経済を助ける

コインを持つことでフィリピンの経済が豊かになるという人としてうれしい。

NOAHCOINが持つデメリット

これだけメリットがあるんですが、デメリットは信用です。

日本の販売権利を持つ泉忠司さんが上記のメリットについてもお話していたのですが、フィリピン大使館から通知文書が届き、「泉忠司さんに事前販売に携わる権限を与えてい」ないと言ったニュースが出て信用がなくなってしまったらしいです。

f:id:thankyuu1122:20170410031906j:image

 

NOAHCOINプレセール情報はこちら

第1期プレセール(2017年1月11日~3月19日)

価格:1.44NOAH/1円 発行量:23.11億NOAH 発売国:日本、フィリピン

 

第2期プレセール(2017年4月3日~5月28日)

価格:1.263NOAH/1円 発行量:55.85億NOAH 発売国:日本、フィリピン

 

第3期プレセール(2017年7月24日~10月1日

価格:1.22NOAH/1円 発行量:111.88億NOAH 

売国:中国、韓国、台湾、アジア各国

 

第4期プレセール(2017年12月11日~2018年4月30日)

価格:1.18NOAH/1円 発行量:241.16億NOAH 発売国:世界各国

 

一般公開(2018年6月12日 ※フィリピン独立記念日

売国:世界各国

NOAHCOIN購入体験

以前ブログでリップルを購入していることをお話しましたが、実は次に購入したのがこのNOAHCOINです。

まだノアコインの信用度は低いと思っていますが、実際にこのコインが存在したらフィリピンにとっても私にとっても良いことだらけです。

そして先日外資の保険の方とお話しする機会があり、ノアコインについて話が盛り上がり、その方はフィリピンに住んでいるノアコイン購入者を知っていたので、その場でその方に私の一番不安な事を聞きました。

不安なことは先日フィリピン大使館より発表された「フィリピンの中央銀行ノアコインの事前販売に携われる権限を与えていなく、国家プロジェクトとして承認していない。」ということです。その事について聞くと「たぶん表立って国家のプロジェクトというよりは国家はサポートをしているんじゃないか?」という見解でした。

それから自分でも詐欺コインについていろいろと調べました。

仮想通貨の95%は詐欺に等しいですが、価値のつかない詐欺に等しい仮想通貨の特徴は次の3つです。

①プレセール開始時と終了時の価格が2倍以上違うこと。

②コインの独自性がなく、そのコインを保有する意味がないこと。

③集めた資金で仮想通貨の開発や、インフラ整備等に使わないこと

その点でみるとノアコインはあてはまらず信用度が高くなります。

またノアコインに携わっている人の顔、名前もはっきりしていますし、その携わっている方達の信用度も高いです。

そのような点から購入を決めました。

 

NOAHCOIN購入方法

公式サイトより購入できます。

 また私の購入したときの手順を紹介します!

手順➀   Gmailを取得 

手順②  こちらの公式ホームページクリック

      NOAHCOIN公式ホームページ

手順③  JAPANESEにチェック                    

             ※言語を選びます。

手順④「Email」アドレスを入れます。

手順⑤「SIGN UP」をクリック

           ※手順⑤完了で仮登録終了。

手順⑥  送られてきたメールに「・・・下記のURLより本登録をお願いします。」とあ 

   りますのでそのURLをクリック。

手順⑦「ユーザ名」「パスワード」「パスワード(確認用)」「氏名」

   「氏名(カ ナ)」「郵便番号」「都道府県」「市  区町村」

   「番地・マンション等」「電話番号」を入力。 

手順⑧「☑個人情報保護方針に同意する」  「☑利用規約に同意する」2つにチェックを

    入れて「登録」をクリック。 

手順⑧ 再度メールが送られてきます。

               ※本登録完了

手順⑨ メールに添付してある「https:// 

                noahcoin.co/signin」をクリック。

手順⑩ 「NOAH注文」をクリック。

    ※携帯からの方は左上の3本線をクリッ クすると表示されます。

    ※1口(1000ドル)から購入可能。

 手順⑪  プレミアムクラスか第2期プレセールを 選択。

    ※プレミアムクラスは特典付き(金額は高いけど・・)

    第2期プレセールは1口から購入可能。

 手順⑫「金額」「振込方法」を選択、入力内容に誤りがなければ「購入する」

    をクリック。

手順⑬  入金

手順⑭  早ければ翌日に入金完了のメールが届きます。

             ※すべて完了です!あとはコインの公開を待つだけです。

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

 

 

 

 

 

 

 

人気仮想通貨リップルの内容を紹介!!

リップルとは

f:id:thankyuu1122:20170427164802j:plain

リップルは仮想通貨と呼ばれていますが、実際は通貨ではなく「決済サービス」の事です。

リップルはあのGoogleが出資したことで有名になり私も知りました。また最近では現在時価総額ランキング3位(2017年4月現在)の仮想通貨です。

 

リップルの仕組み

リップルの特徴的な仕組みは以下の2つです。

1.XRPを使ったブリッジ機能 

リップルのシステム内で使用できるXRPはリップル内でドルや円などの法定通貨やビットコインなどの仮想通貨と交換できます。

例:円→XRP→ドル 

※リップル(XRP)は円からドルに両替する時に、円が瞬時にになりリップル(XRP)なりドルに換えるみたいな感じです。

 

2.IOUを利用した取引 

IOUとは「I owe you」の略で「私はあなたに借りがあります」という意味です。

借用書みたいな感じですかね。

リップルのユーザー同士はゲートウェイから発行されたこのIOUで支払いを行う事ができます。

このIOUの仕組みがリップルが仮想通貨ではなく決済サービスであると言われる理由です。

リップルのメリット

☑送金スピードが早い

ビットコインは送金完了するまでの速度が数分~10分程度かかるのに対し、リップルはリップルコネクトという海外送金システムを開発し、このシステムによりビットコインより早い送金ができます。

☑決済手数料が安い

ビットコインなどの仮想通貨同様に銀行などの第三者機関を通さないため手数料が安い。

☑1日の送金額、送金時間の制限がない

通常銀行は1日の送金できる金額に上限があるがリップルは無制限に支払できる。

また365日24時間利用できる。

☑コインの使用範囲の拡大

2017年1月の統計では仮想通貨のビットコインが使える場所は日本で4200店舗を超え、2年前の約4.6倍に増えました。世界では日本以上に使用可能な場所があります。

そしてリップルはビットコインが使える場所で利用できます。今後はより拡大しさらにリップルでの買い物が主流になるのではないかと思っています。

 

リップルのデメリット

☑価値の保証がない。

取引所に暗号通貨を預けているため、ハッキングなどの攻撃によりXRPの盗難などのリスクがある。

2013年5月頃にビットコイン取引所だったマウントゴックス社へのサイバー攻撃にあい破たんになりました。

その時に大量のビットコイン及び資金の消失があったとされています。

このように何があるか分かりません。

現在はセキュリティもしっかりしてきているみたいですけどね。 

☑相場の変動がある

リップルが初めて発行された2013年は1XRPあたり日本円で0.6円ぐらいでしたが現在は3.5円ぐらいに価値が上がりました。ただし下がる可能性もあります。

 

リップルが日本円で購入できるところは?

・.Coincheck

Coincheck(コインチェック)は初心者にオススメの仮想通貨取引所です。

実際に私が初めて取引したのがCoincheck(コインチェック)です。

今でも使ってますがとても分かりやすく便利です。

また様々な仮想通貨を取り扱っているので「イーサリアムからリップルに交換」や「オーガからネムコインに交換」などと常に多種多様な仮想通貨を運用して楽しむことができます。

手続きがとても楽で下記の公式から本人の情報を入力し、本人確認できる画像を送れば続き完了。後日自宅に本人確認証明書が届きます。

もっと詳しくコインチェックの登録、購入方法は以下のリンクで解説してます!!

www.degital-life.jp

そしたらいよいよ仮想通貨の運用開始。

公式ホームページはこちら↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin